News and Topics

News and Topics

  • HOME
  • >
  • News and Topics

成田市整体院  人類発展の過程において男と女の役割がそれぞれの脳をつくった。

  •  成田市整体院  人類発展の過程において男と女の役割がそれぞれの脳をつくった。
2015.10.01

12.JPG脳活性整体法 骨盤矯正 リンパ療法を行なうウェルネス整体院 小笹 勝です。

 

生物学の分類からいうと、人間は霊長類に属し、その中から分化して現れてきた生物種と考えられている。

いまから7千万年~1億年前という気の遠くなるような話だ。

それから猿人、原人、旧人、新人とゆっくり進化し、石器時代へとつながっていく。

石器時代で今から約200万年前だ。

この頃になると、群れとか社会の単位が存在し、指導者も現れてくる。

ただし、この頃の男女はおおむね平等だったらしい。

男は狩猟、女は育児に採集などが主な仕事とされていたが、この役割はしばしば共有されており、

明確な分業はされていなかった。

ところが、次第に男はさい狩猟に才能を発揮し出し、女は育児と留守を守り、木の芽の収集などに

特化していく。

この役割分担の明確化が男と女の脳の違いに発展していくのだ。

石器時代の男は、狩に出て獲物を持って帰ることが唯一の仕事だった。

だから、狩猟の成功率を高める工夫をいろいろと考えるようになる。

1人よりは数人でチームを組んだほうが確実性が高まることを知り、扱う武器もどんどん進化していった。

その結果、戦略的かつ計画的に獲物を狙う脳や、創意工夫の脳、広いエリアを考える脳が発達していくことになる。

 

一方、その頃女は、いつ獲物を持って帰るかわからない男の猟を補うため、周辺での木の実の採集、水汲みや育児など、限られたエリアでの幅広い仕事をこなすようになる。

その結果、食べられるか食べられないかを判断したり、敵か味方か、自分に害があるかないかを

瞬時に見分ける観察力が養われていく。

 

また、狩に出た男を待ったり、空腹を我慢したりなどの忍耐力も備わってくる。

さらに、周辺となど仲良く共存するためのコミュ二ケーション能力や順応力もどんどん鍛えられていった。

 

こうして数百年ものあいだに、男に脳と女の脳はそれぞれ異なる方に進化してゆき、情報に対する処理の仕方も

変わってきた。

そして現代、男と女は考え方はもちろん、会話の方法、理解の仕方、物事の優先順位、行動など、

あらゆる分野でことごとく異なるようになってしまったのだ。

 

男と女の脳は外見は大差はないが、中の配線はまったく違うということを認識しなければならない。

まずこのことを理解しておかないと、この先の人生は悩みと混乱、そして幻滅に支配されるのではないだろうか。

 

男と女が上手くやってためには、それぞれの性による違いを理解し、お互いの長所を認めあうことから始めるしかないのだ。 

 

参考引用 WCS,Vo,7より  男と女はなぜ、理解し合えないのだろうか?

« 戻る

メールフォームはこちら

ウェルネス整体院
〒286-0035
千葉県成田市囲護台1147-22
  • TEL:050-6864-7222
  • メールフォーム
  • ウェルネス整体院ではひとりひとりに最適な自然治癒力整体や骨盤矯正、リンパ療法などで健康と美をサポートします。腰痛・肩こり・頭痛・膝痛などにお困りでしたらご相談下さい。