News and Topics

News and Topics

  • HOME
  • >
  • News and Topics

千葉県成田市整体院  中秋の名月の由来と過ごし方

  • 千葉県成田市整体院  中秋の名月の由来と過ごし方
2015.09.07

◆中秋の名月とは?

中秋の名月とは旧暦の8月15日の夜の月を指します。

2015年は9月27日(日)に見られます。

 

この時期にお月見をするのは、稲の豊作を祈る祭りを行ったことが始まりだといわれていますが、

中秋の名月の由来には諸説あります。

 

◆お供えするもの

中秋の名月には、月見団子、すすき、サトイモ、お酒を供えて月を眺めます。

月見団子は、十五夜(中秋の名月)には15個、十三夜(旧暦9月13日の夜)

には13個供えるのが習わしです。

また、十五夜を「芋名月」、十三夜は枝豆や栗の収穫時期でありサトイモの代わりに

供えることから、「豆名月」や「栗名月」とも呼ばれています。

 

◆月見団子の作り方 (15個分)

材料:だんご粉(120g)、水(80~90cc)、砂糖(お好みで)*上新粉を使用する場合は熱湯を使う

 

1、だんご粉に水を混ぜ、耳たぶの硬さになるようによくこねる(甘いお団子を作る場合は砂糖を加える)

 

2、こねた生地を15等分し、手のひらの上で転がして形を整える

 

3、たっぷりのお湯を沸騰させ②を入れる。団子が浮きあがってきたら2~3分ゆでる

 

4、ゆで上がった団子を冷水にさらす、冷えたらバットに移して、うちわなどであおいでテリを出す

 

以上です。

« 戻る

メールフォームはこちら

ウェルネス整体院
〒286-0035
千葉県成田市囲護台1147-22
  • TEL:050-6864-7222
  • メールフォーム
  • ウェルネス整体院ではひとりひとりに最適な自然治癒力整体や骨盤矯正、リンパ療法などで健康と美をサポートします。腰痛・肩こり・頭痛・膝痛などにお困りでしたらご相談下さい。